calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

お次はここ

0

     


    実家の飼育場をあとに「お花とメダカのお店 クローバー」店主と酒屋のお友達とともに向かったのは、当然?ここです(・∀・)ウン!!

    ヨタロ〜第二の父?「行田淡水魚」さんです(*´ε`*)チュッチュ

    クローバー店主が来るということでおめかししていた小暮さん・・・お洒落なベストの間からチラ見される文字が気になって見せてもらったら・・・・

    「ゆとりでしょ・そうゆうあなたはバブルでしょ」・・・なんのこっちゃわかりませんが、小暮さんとっても嬉しそう( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽ


    クローバー店主が、メダカのセレクトをしている最中、私は小暮さんから「小暮式産卵床」の作り方のレクチャーを受けました(^▽^)/

    我が家の「アルビノ全身体内光」は何故か?この産卵床がお気に入りのようでこれにはよく産み付けてくれるんです(´ー`*)ウンウン


    素材は、こんなネットです(´・ω・)(・ω・`)ネー

    作り方は端折りますが・・・こんなに材料をもらっちゃいました( ..)φメモメモ

    丁度、産卵床が不足してきていたのでこれでたくさん作りたいと思います(*´ω`*)


    更に・・・先日、私が一人で訪問し、友人に頼まれていたメダカの発送をしたのですが・・・・我が家に酸素のボンベがなく空気のみで発送していることを話したら、こんなものを用意してプレゼントしてくれました工エエェェ(´д`)ェェエエ工

    不発弾じゃないよ・・・酸素ボンベです(゚д゚)(。_。)ウン 行田さんとこで余っていたのを綺麗に色塗りして用意してくれました(;^ω^)・・・これは多分、行田淡水魚の跡取りになる私には、メダカの発送くらいしっかりとやりなさいという小暮さんの思いからでしょう(・∀・)ニヤニヤ・・・・了解しました。メダカの発送から勉強させていただきます(''◇'')ゞ

    お昼をごちそうになった後に向かったのは、行田淡水魚の第二飼育場です(・∀・)ウン!!

    最近、カラスやセキレイなどの鳥がメダカを盗みに来るようで、行田淡水魚の飼育場の守護神?として迎え入れたとのことです(´・∀・`)ヘー・・・とにかく笑えるので興味ある方は、動画をインスタでどうぞ(・∀・)ニヤニヤ

    私は、暑くてハウスの中には極力入りたくなかったのですが、クローバー店主はそんなことはお構いなし??かなり貪欲な目をしてメダカを吟味し続けます( 一一)

    目的は、私とともに所属するLINEグループ「メダカ大好きおやじ」の展示会に出展するメダカを選んでるんですね〜( ..)φメモメモ

    他ではまず見られない、行田淡水魚オリジナルのメダカも展示されますので是非とも足を運んでみてください・・・・

    水泡眼や元祖「北斗」・・・更にロングフィンのダルマなどを送ってます(´ー`*)ウンウン

    行田さんのめだか以外にも全国津々浦々から凄いメダカが集まる予定ですので楽しみに〜(*´ω`*)


    最終的に、店主が持ち帰ったメダカです・・・過積載で捕まらないように( ̄▽ ̄;)

    今回、私のブログでも何度か紹介させていただいていますが・・・・行田淡水魚オリジナルの三色ラメヒレ長も少しですが、持ち帰っています・・・三色ラメって柄にラメが伴わないものが多いようですが、この系統のラメの載りはお見事でした・・・まだM寸ですのでこれからの色上りが楽しみですね〜(´ー`*)ウンウン

    今まで行田さんが、頑なに販売されなかった系統の販売ですので気になっていた方は、期待して待っててください・・・・近々、LINE販売するのかな(^▽^)/

     

    今回もたくさん笑わせていただきました(*´ω`*)

     

     

     

     

    にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
    にほんブログ村


    コメント
    ヨタローさん こんばんは。

    小暮さん最高っすね!

    特にTシャツ(^^)
    • 亀山
    • 2019/05/31 7:47 PM
    亀山さん、こんばんは=。

    最高で最強の小暮さんでした(^^)v

    いろんなバリエーションのものを買いそろえたようなので行くたびに気にしてみてください(゚д゚)(。_。)ウン
    • ヨタロ〜
    • 2019/06/01 10:40 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック