calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

川戸さんの飼育場の全貌

0

     

     

    川戸さんの飼育場の全貌です(^▽^)/

    入り口を入るとまず目に入るのは、沢山の「多肉植物」でした。奥様の趣味でらしくとてもきれいに管理されていました・・・・・川戸夫妻は、お互いの趣味に対しての理解度が高いんです(゚д゚)(。_。)ウン

     

    飼育場の全景です(^O^)/



    整然と並ぶ飼育容器・・・・メインの飼育容器である60のプラ舟が230??更に80が75???他にも小さいのが33Σ(゚Д゚;エーッ!個人の飼育場としては、驚愕の飼育環境です(・∀・)・・・・って、「ピーシーズ森さんが取材した」際に綴ったblogに書いてありましたΣ(゚Д゚;エーッ!


    同行した「お花とメダカのお店 クローバー店主」もテンション上がってますヽ(^o^)丿

     

    さてさて、メダカをみていきましょ(*´з`)

    カブキ

     

    白カブキ

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    カブキ系統に関しては予想通り、どの容器を覗き込んでもため息出るほどの完成度です・・・・特に赤い子たち・・・ヤバいよね〜(゚д゚)(。_。)ウン

     

    幹之

     

    拘りを持って維持されています・・・・川戸さん自身、この幹之はお気に入りの品種のようで、飼育場内でもかなりの占有面積を占めています。上の胸ヒレヒカリが強調された系統の子たちが泳ぐ容器は、普通の幹之フルボディとは、また一味違った迫力がありました(´ー`*)ウンウン

     

    紫蝶

     

    こちらの品種は、川戸さんのオリジナルです。ブラックボディに体外光・・・・さらに黄色色素までΣ(゚Д゚;エーッ! 私が極ブラックで進めている理想形がこんな感じです(^。^)y-.。o○

     

    透明鱗

    この品種を拝見した瞬間・・・・メダカのお父さんと二人でかなりの衝撃を覚えました(((uдu*)ゥンゥン

     

    実際に拝見した透明鱗では、過去に阿波の里で訪問した際に見た「阿波三色・BBZ」以来の衝撃ですΣ( ̄□ ̄|||)


    赤の入り方が半端なし、ベタっと赤い絵の具を落としたかのような色の入り方、何気に白地の入り方も川戸さんも自信ありのようです・・・・どれもこれもハイクオリティーに仕上がっていました(・∀・)イイ!!

     

    この子・・・ヤバいでしょ??

    川戸さんのメダカに対するこだわりは・・・・正真正銘の変態レベル??毎週のようにハイクオリティーなメダカをヤフオク出品しているんですが、苦手なこともあってメダカの撮影がどうしても苦手なんですって(´・∀・`)ヘー


    メダカのお父さんが、どんなカメラで撮影したのか?聞いてみたところ・・・・・川戸さんが、恥ずかしそうに出してきたコンデジです・・・・・メダカ全般に関して、強いこだわりを持つ川戸さんですが・・・・唯一、自信なさげだったのが、使っているカメラのこと、
    ヤフオク出品時のメダカ画像は、このコンデジで100回以上のシャッターを切るそうです(・∀・)ニヤニヤ

     

    川戸さんは、拘りの飼育方法で、世間の波に流されず独自のスタイルでメダカ飼育を楽しんでいらっしゃるブリーダーさんでした(・∀・)ウン!!

     

    選りすぐりのメダカと考えつくされたメダカ飼育方法を実際に拝見できたことは、今回の訪問の大きな収穫でしたし、普段はLINEでしか情報交換できないのですが、川戸さんの人柄に直接触れることが出来たのがとても嬉しかったですね〜(^▽^)/

     

    かわとさん、今回は貴重な時間をいただきありがとうございました。お昼ご飯もご一緒させていただいたうえ、長々と滞在させていただきあれよこれよと質問攻め?申し訳ありませんでした。次回は別のところで、近いうちに絶対にお会いしましょう(*´з`)

     

     

    川戸さんの飼育場は、近日発売予定の「メダカ百華vol.5」で掲載されるのでそちらも是非ともご覧ください(´・ω・)(・ω・`)ネー

     

     

    追記・・・・川戸さんの販売スタイルは、現在のところヤフオクでの販売のみで、飼育場での対面販売は行っておりませんのでご了承ください。

     

     

     


    にほんブログ村


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック