calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

メダカっぽくないメダカ

0

     

    メダカを知らない人にお見せして一番驚かれるメダカは何なのか??

    確かな確信はありませんが、私はこの「全身体内光」なんじゃないのかと思っています(´ー`*)ウンウン

     

    いろんなメダカがいる中で、これほどメダカっぽくないメダカは他にいないんじゃないのかと・・・(''◇'')ゞ

    実際に私の実家にくるお客さんに見せると、口をそろえて「これメダカなの??」って驚いてくれますからね(´・ω・)(・ω・`)ネー

    私自身この「全身体内光」を初めて見た時の衝撃は、今でも忘れられませんからね(・∀・)ニヤニヤ

     
     


    小寺系にシフトチェンジ

    0

       

      平均点かなり高い「小寺系 全身体内光」です(*´ε`*)チュッチュ

      黒い容器で泳がせると特に見ごたえありますね〜(´ー`*)ウンウン

       

      そんな平均点の高い「小寺系」・・・・北斗の血が入っているのは、周知の事実??

      だってね、こんな「しゃちほこ」が混ざってくるんです。「北斗」の作出者である小暮さんの遊び心??もしっかり受け継がれているんです( 一一)

      この「小寺系 全身体内光」の特徴は、固定率が高いのもそうですが、成長しても体外光が載ってこないところでしょうか??

      わたしのところの「全身体内光」は2年目に成長すると多くの子に体外光が載ってしまいます・・・・アルビノも例外ではなく、体外光が載ってきてしまい、本来の?体内光の美しさが長続きしないんです( ノД`)シクシク…

       

      なので今、「アルビノ全身体内光」を「小寺系」に移植する作業を進めているところです(*^^)v
       


      お気に入り

      0

         

        全身体内光の中からポツリポツリと出てくるヒカリ体型です(^▽^)/

        系統的に維持しているわけではありませんが、その表現はかなりのお気に入り(*´ε`*)チュッチュ

         

        もともと全身体内光は、ヒカリ体型由来って聞いたことがあるので、出るべくして出ているのかな??

        今年も、少しだけ生まれてきてくれました(^_^)v

         

        体外光が、頭だけに出るのが好みですけど・・・・この子達も大きくなると全身に体外光が被っちゃいますからね〜(´ー`*)ウンウン

        この品種も、このくらいの成長過程にある時期が一番綺麗に見えますね〜(゚д゚)(。_。)ウン


        理想を追い求める

        0

           

          小寺系の「全身体内光」

          何処がすごいかといえば、1つは遺伝率(・∀・)ウン!! かなりの確率でこのクラスの子が生まれてきます(´・ω・)(・ω・`)ネー

           

          2つ目は、体外光が載らないところ(・∀・)ウン!!

          私のところの系統の多くは、L寸になると・・・こんな感じに体外光が伸びてきてしまい、体内光が際立たなくなってしまいます(''◇'')ゞ

           

          アルビノ全身体内光も、ご覧の通り…L寸になると(;´д`)トホホ

          好みの問題かもしれませんが、私の中では「全身体内光」は体内光として残していきたいわけでして(・∀・)ニヤニヤ

           

          全てこんな感じになればいいな〜って、思っています(゚д゚)(。_。)ウン

          なので今、小寺系の遺伝子を注入して「アルビノ全身体内光」の量産化を図ろうと取り組んでいるところ(*^^)v

          上手くいけば、来春には??

           

          いやいや、そんな簡単なもんじゃね〜からね〜(-"-;A ...アセアセ


          正解と思われる??

          0

             

             

            今年少ししか採卵していなかった「全身体内光」なんですが、なんとか次世代に繋がりそうでホッとしています(*‘ω‘ *)

            全身体内光の光の伸び方には、「背中の光と尾筒からの光が繋がるタイプ」と「背中の光が全身に伸びるタイプ」がいますけど、私的に後者のほうを次世代につなげていくのが正解のような気がしてます("´_ゝ`)フーン

             

            確たる証拠はありませんけど・・・・そんな気がしています( ..)φメモメモ

            尾筒の体内光が抜けちゃっていますが・・・・来年は、こんな感じの子で採卵予定(^^)v

             

            あれ?品種絞るんじゃ??

            いや、「全身体内光」は辞めません( `ー´)ノ


            全身体内光の子どもたち

            0

               

              今年は、少しだけ採卵しておいた「全身体内光」がそれっぽくなってきたのでご紹介(''ω'')ノ

              今までは数をかなり採卵しましたが・・・今年は、私のところで維持できれば十分な採卵数(*^^)v

               

              小寺系と切り替えようかと思ったこともありましたが、これはこれで楽しいですし、遺伝率もなかなかいいので(・∀・)ウン!!

              今からもう一度採卵して、一冬超えたらいつの間に??的な楽しみ方もいいかもね(・∀・)ニヤニヤ

              この子達も冬を越したらもっときれいになってくれると思います。冷たい水で光に磨きがかかるんでしょうかね(´・ω・)(・ω・`)ネー

               

               

               


               


              ヤベ〜採り忘れてる・・・けど

              0

                 

                いろんな品種に手を出しすぎていて、すっかり採卵し忘れていた??いや、2回ほど採卵していたんですけど1回分を煮立たせてしまいまして1容器30匹くらいしか今現在泳いでいません・・・しかも今だS寸です(=゚ω゚)ノ

                ヤベ〜・・・ってチョッと焦っていますが、多分大丈夫でしょ??

                 

                あっ、これ「小寺系 全身体内光」ネ(・∀・)ニヤニヤ

                この系統の遺伝率の高さは、以前さんざん書かせていただいていますので・・・・省略(´・ω・)(・ω・`)ネー

                我が家で累代する分だけなら全く問題ないでしょ??

                 

                でもな〜やっぱり群泳見たいしな〜・・・・少しだけ追加採卵しとこうか?(´∀`*)ウフフ


                困った子ちゃんたち

                0

                   

                  小寺系・・・・それ聞いただけでもなんかヤバいでしょ??

                  選別して改めて感じたことは、大きくなればなるほどに魅力的になっていくこと(゚д゚)(。_。)ウン

                   

                  もう、全身に体内光が入る確率がかなり高いことは周知の事実??私のところでもおそらく8割は軽く超えてます(´・ω・)(・ω・`)ネー

                  まるで金太郎飴のように??同じような子が量産されてます(´・∀・`)ヘー

                   

                  この系統の魅力はいくつかありますが・・・・強いて言うなら、体外光の載らない黒味の強い個体が量産できるって感じかな???

                  このサイズから先にもう一化けしてくれます・・・・・そう、これから黒味が一段と渋みが出てくるんですよね〜(・∀・)ニヤニヤ

                   

                  あまりにも、同じ様な子が量産されるため、親に使う子がどんなのがいいのか??とても悩むんですよね〜・・・それが唯一の困るところでしょうか(; ・`д・´)


                  俺の種シリーズ・・・第26弾 全身体内光

                  0

                     

                    勝手にね、「全身体内光」普及活動委員長と思っています(・∀・)ニヤニヤ

                    発表された当初からこのメダカの虜??いや、メダカ飼育にのめり込んでいった??そう言っても過言じゃないくらい衝撃を受けた品種です( `ー´)ノ

                     

                    この系統に行きつくまでにいくつかふらふらしましたけど??この系統に行きついてからは、浮気なし(・∀・)ウン!!

                    なんせ、私好みの渋い輝きで夢中にさせてくれています(*´ε`*)チュッチュ

                     

                    頭に光を入れるのも私的には好みです(^_-)-☆

                    全身に途切れることなく体内光が入って初めて「全身体内光」って呼べるのかな??って思っています(゚д゚)(。_。)ウン

                     

                    狙いはこんな感じかな??

                    こんな子を量産出来たら嬉しいですね〜(=゚ω゚)ノ

                     

                    とりあえずこんな感じでセットしてみましたが、いつの間にかメスの背中に体外光が・・・・

                    弾いて採卵スタートです( `ー´)ノ

                     

                    2ペアも正直いらないかな??そんなに数を採らなくてもそれなりの結果が出ますので・・・・・まあ、いっか(*´σー`)エヘヘ
                     
                     
                     


                    睡蓮鉢の住人をピックアップ

                    0

                       

                       

                      エンドレスで水替えしてはいるものの・・・・一時期よりも気持ちに余裕が出てきたせいか??容器の中身をじっくり覗き込んでいます(´ー`*)ウンウン

                      選別漏れの全身体内光容器を再確認すると・・・いつの間にやら?それっぽく進化??してくれている子を発見です( `ー´)ノ

                       

                      私の勝手な市場調査では、好き嫌いがかなり極端な品種なんだとか(´・∀・`)ヘー

                      当然私は大好きです(*´ε`*)チュッチュ

                       

                      漏れの中から、「全身体内光」のカテゴリーに入れそうな子をピックアップしてみました(^▽^)/

                      これくらいならもうチョイすれば??体内光が繋がりそうです(´・ω・)(・ω・`)ネー

                      この子達は、睡蓮鉢の中に入れて鑑賞を楽しみます(^_-)-☆

                       

                      睡蓮鉢は洗って整理したので、まだまだ空き容器がたくさんあるので、ユックリ気ままに好みの住人たちを選別していこうと思っています( `ー´)ノ


                       


                      | 1/15PAGES | >>