calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

北斗Rをプレゼント

0

     

    先日友人からLINEがあって「子どもがメダカを育てたいって言いだして・・中略・・なんかちょうだい」って・・・・どんなのが欲しいのか?聞いてみると、始めは「なんでもいい」って返答だったけど、私のブログのURLを教えて、好きなの選んでって返信したらあれもこれもって・・・・

     

    一番目の返答は・・・・あけぼの・・・・「却下」✖

     

    二番目の返答は・・・・北斗R

    (-ω-;)ウーン・・・・採卵終わってるからいいかな??

     

    親を上げるつもりでいたんですけど・・・・稚魚が欲しいらしい(。´・ω・)ん?

    睡蓮鉢で成長過程を楽しみたいんだって(´・∀・`)ヘー・・・・なので10匹位適当に掬って、プレゼントです(^▽^)/

     

    こんなかっこいい子になる確率??知りません(´∀`*)ウフフ

    北斗Rが好みなんて、渋い子もいるもんだ(´・ω・)(・ω・`)ネー

    とりあえず「北斗R」の子でいいのかね?他にも何か必要ならご子息つれていらっしゃい(・∀・)ニヤニヤ

     

    次回からは金とるけどね〜( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     


    退職祝い

    0

       

      今年の3月で定年退職した職場の上司の方の中に、メダカを趣味としている方がいるんです(´・∀・`)ヘー

      それを知ったら当然お祝いしないといけないですね〜(´ー`*)ウンウン

       

      数年前の合併による別所属のお方ですので、数回お話しただけで、面識なんてあまりないんですけど・・・・まあ、めでたいということで(*´ε`*)チュッチュ

      どんなメダカをご所望か??何のリサーチもせずに・・・・色々考えましたが、まずはこれ「全身体内光」なんていかがでしょ??

       

      まあ、お気に召さなければ別の物を準備しますけど(-ω-;)ウーン

      先日、そのお方のご自宅を少し拝見したところ・・・・かなりの飼育容器が庭を埋め尽くしていましたので、既に「全身体内光」はお持ちかもしれません( ̄▽ ̄;)

       

      (-ω-;)ウーン悩む・・・

       

       


      にほんブログ村


      平成30年繁殖計画 体内光編

      0

         

         

        体内光は今年「アルビノ全身体内光」に全力を注ごうと思っているため、今現在もやるかやらないか??悩んでいる最中です( ̄▽ ̄;)

         

        それでも愛着ある子の色味も辞めることは難しそう(・∀・)ニヤニヤ

        もちろん続けるとなるとそれなりの飼育容器を使うことになるので、しっかりと計画していかないといけません(・∀・)ウン!!

         

        小寺系全身体内光

        全身体内光のアルビノ化に不可欠??・・・そう、我が家のアルビノ全身体内光は小寺系をベースにして量産・体外光の排除を狙っていますのでこの系統も同時進行で少し残していかないといけません(´・ω・)(・ω・`)ネー

         

         

         

         


        にほんブログ村

         


        小寺系全身体内光

        0

           

           

          寒さに震えながら容器の底でジッとしていた「小寺系全身体内光」が目に留まりました(^▽^)/

          低水温で輝きが増す??これでもかってくらい体内光が綺麗に輝いていたので、撮影したい衝動を抑えきれずにそっと掬いだしました(*´ε`*)チュッチュ

           

          どう?うまく撮影出来ました(*‘ω‘ *)

          今、この「小寺系全身体内光」のアルビノ化を進めております・・・・決して順調というわけではありませんが、そろそろ結果が見えてくると思います(´・ω・)(・ω・`)ネー

           

          高遺伝率で、更に体外光を纏わないのが特徴の「小寺系全身体内光」・・・とっても魅力的な品種です(´ー`*)ウンウン


          メダカっぽくないメダカ

          0

             

            メダカを知らない人にお見せして一番驚かれるメダカは何なのか??

            確かな確信はありませんが、私はこの「全身体内光」なんじゃないのかと思っています(´ー`*)ウンウン

             

            いろんなメダカがいる中で、これほどメダカっぽくないメダカは他にいないんじゃないのかと・・・(''◇'')ゞ

            実際に私の実家にくるお客さんに見せると、口をそろえて「これメダカなの??」って驚いてくれますからね(´・ω・)(・ω・`)ネー

            私自身この「全身体内光」を初めて見た時の衝撃は、今でも忘れられませんからね(・∀・)ニヤニヤ

             
             


            小寺系にシフトチェンジ

            0

               

              平均点かなり高い「小寺系 全身体内光」です(*´ε`*)チュッチュ

              黒い容器で泳がせると特に見ごたえありますね〜(´ー`*)ウンウン

               

              そんな平均点の高い「小寺系」・・・・北斗の血が入っているのは、周知の事実??

              だってね、こんな「しゃちほこ」が混ざってくるんです。「北斗」の作出者である小暮さんの遊び心??もしっかり受け継がれているんです( 一一)

              この「小寺系 全身体内光」の特徴は、固定率が高いのもそうですが、成長しても体外光が載ってこないところでしょうか??

              わたしのところの「全身体内光」は2年目に成長すると多くの子に体外光が載ってしまいます・・・・アルビノも例外ではなく、体外光が載ってきてしまい、本来の?体内光の美しさが長続きしないんです( ノД`)シクシク…

               

              なので今、「アルビノ全身体内光」を「小寺系」に移植する作業を進めているところです(*^^)v
               


              お気に入り

              0

                 

                全身体内光の中からポツリポツリと出てくるヒカリ体型です(^▽^)/

                系統的に維持しているわけではありませんが、その表現はかなりのお気に入り(*´ε`*)チュッチュ

                 

                もともと全身体内光は、ヒカリ体型由来って聞いたことがあるので、出るべくして出ているのかな??

                今年も、少しだけ生まれてきてくれました(^_^)v

                 

                体外光が、頭だけに出るのが好みですけど・・・・この子達も大きくなると全身に体外光が被っちゃいますからね〜(´ー`*)ウンウン

                この品種も、このくらいの成長過程にある時期が一番綺麗に見えますね〜(゚д゚)(。_。)ウン


                理想を追い求める

                0

                   

                  小寺系の「全身体内光」

                  何処がすごいかといえば、1つは遺伝率(・∀・)ウン!! かなりの確率でこのクラスの子が生まれてきます(´・ω・)(・ω・`)ネー

                   

                  2つ目は、体外光が載らないところ(・∀・)ウン!!

                  私のところの系統の多くは、L寸になると・・・こんな感じに体外光が伸びてきてしまい、体内光が際立たなくなってしまいます(''◇'')ゞ

                   

                  アルビノ全身体内光も、ご覧の通り…L寸になると(;´д`)トホホ

                  好みの問題かもしれませんが、私の中では「全身体内光」は体内光として残していきたいわけでして(・∀・)ニヤニヤ

                   

                  全てこんな感じになればいいな〜って、思っています(゚д゚)(。_。)ウン

                  なので今、小寺系の遺伝子を注入して「アルビノ全身体内光」の量産化を図ろうと取り組んでいるところ(*^^)v

                  上手くいけば、来春には??

                   

                  いやいや、そんな簡単なもんじゃね〜からね〜(-"-;A ...アセアセ


                  正解と思われる??

                  0

                     

                     

                    今年少ししか採卵していなかった「全身体内光」なんですが、なんとか次世代に繋がりそうでホッとしています(*‘ω‘ *)

                    全身体内光の光の伸び方には、「背中の光と尾筒からの光が繋がるタイプ」と「背中の光が全身に伸びるタイプ」がいますけど、私的に後者のほうを次世代につなげていくのが正解のような気がしてます("´_ゝ`)フーン

                     

                    確たる証拠はありませんけど・・・・そんな気がしています( ..)φメモメモ

                    尾筒の体内光が抜けちゃっていますが・・・・来年は、こんな感じの子で採卵予定(^^)v

                     

                    あれ?品種絞るんじゃ??

                    いや、「全身体内光」は辞めません( `ー´)ノ


                    全身体内光の子どもたち

                    0

                       

                      今年は、少しだけ採卵しておいた「全身体内光」がそれっぽくなってきたのでご紹介(''ω'')ノ

                      今までは数をかなり採卵しましたが・・・今年は、私のところで維持できれば十分な採卵数(*^^)v

                       

                      小寺系と切り替えようかと思ったこともありましたが、これはこれで楽しいですし、遺伝率もなかなかいいので(・∀・)ウン!!

                      今からもう一度採卵して、一冬超えたらいつの間に??的な楽しみ方もいいかもね(・∀・)ニヤニヤ

                      この子達も冬を越したらもっときれいになってくれると思います。冷たい水で光に磨きがかかるんでしょうかね(´・ω・)(・ω・`)ネー

                       

                       

                       


                       


                      | 1/15PAGES | >>