calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

これも女雛系?

0

     

    以前少しだけ紹介しましたが、この子達も女雛♂×黒ラメ黄幹之から生まれてきた子です(´ー`*)ウンウン

    まさか黒主体のメダカからこんなに鮮やかな白い子が生まれてくるとは思ってもいませんでした(´・ω・)(・ω・`)ネー

     

    白地が濃いのもそうなんですけど、この子の朱の強さもなかなかイイ感じ(・∀・)ニヤニヤ

    ラメも少々入っていて、一見「紅白ラメ」に見えないこともない(゚д゚)(。_。)ウン

     

    ラメ入り個体との比較

     

    この子達には、来年じっくり遊んでもらおうと思っています・・・・って、冬場に遊んでもらうかもしれませんが(・∀・)ニヤニヤ

    いろんなメダカを飼育しているとポツリポツリ面白い個体が出現してくれます。普段は、こうしたぽっとでの子には、それほど興味がわきませんでしたが、この子達に関しては、次に繋げてみたいと・・・・チョイと興味がそそられてしまっています(^▽^)/


    女雛系

    0

       

      女雛系ではありますけど・・・残念ながら女雛とは言えない(;´д`)トホホではあります

      メダカとしては、カッコいいので個人で楽しむ分にはいいですけど・・・・こんな感じのを売るときには、販売者はしっかりとした説明が必要かな??て思います(゚д゚)(。_。)ウン

       

      作出者から直接入手ならまったくもって問題ないと思いますけど、他の人から買う時はそれなりのリスクもあります(´・ω・)(・ω・`)ネー

      例えば女雛のようで、女雛じゃない??この子達を購入して次世代に生まれてくる子がどんな子か??正直、私はわかりません・・・・期待をこめてこんな風になってほしいってのはありますけど(* ̄- ̄)ふ〜ん

       

      睡蓮鉢の中に、カッコいい自分好みのメダカを泳がせたいっていうだけならいいと思いますけど・・・しっかりとこれから系統維持していきたいと思っているなら、よ〜く考えて購入したほうがいいかもよ(・ω・)ノ

       

      先日チョッと友達に教えてもらってヤフオク覗いてみたら・・・(´ε`;)ウーン…って思える出品物がたくさんありました(=゚ω゚)ノ


      強烈な色素

      0

         

        今回のメダカも女雛系です(・∀・)ニヤニヤ

        異種交配のF2で、ばらけた表現で生まれた子がいました。それでも女雛の柿色色素はいろんな形で遺伝しています(´ー`*)ウンウン

         

        この子のどこに??

        よ〜く見てくださいよ〜( 一一)

         

        シッカリと下唇に( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽ

        いかりや長さんに見えるのは・・・・私だけ??

         

        見ようによってはお洒落に?口紅引いている??ように見えなくもないかな( 一一)


        今シーズンで辞めます

        0

           

          ♂女雛×♀黒ラメ黄幹之のF2はこんな感じに仕上がりました( `ー´)ノ

          女雛の強力柿色色素は、異種交配でもしっかりと遺伝して結果を残してくれました(*´з`)

           

          ♀比較・・・ラメの載りが良い方は若干色素が弱めのようですが、強ラメ目指して念のため(・∀・)ウン!!

          最近、このトリオで採卵はじめたところですが、毎日ブリブリ産んでくれています(*^^)v

          黄色よりも1つ先に行く柿色と黒いボディ、ラメも輝いて美しゅ〜ございます(*´ー`*)

           

          女雛系のラメは、量産体制に入りますO(≧∇≦)O

          想像以上に女雛の表現が強く出てくれてラメも載ったので、我が家の近似種のいくつかは来年以降の繁殖を辞めようと思います(゜-゜)(。_。)

           

          黒ラメ黄幹之

          100近くの子を残しましたが…残念ながら、産まれてきたのは100%真っ黒け。。(〃_ _)σ‖

           

          オーロラ黄ラメ幹之

          こちらもまた…

           

          2品種共にとっても魅力的な品種なんですけど…限られたスペースの中では、ある程度品種絞らないとキャパオーバーになってしまいますのでいたしかたなくρ(・・、)

           

           

           


          色合いが素敵なんだけど・・・漏れ

          0

             

            女雛系の漏れ個体を撮影してみました(・∀・)ウン!!

            色合いは、とても渋くて結構気に入っています(^_^)v

             

            気にいっていても目標とするめだかではないので選別漏れとなってしまいますが・・・・黒い容器で群泳させるとかなり迫力ありそうです(゚д゚)(。_。)ウン

            このメダカは、我々おっさん好みのメダカかな〜??って思います(・∀・)ニヤニヤ

            来年以降は、オーロラ系統のメダカは、この「女雛系」で十分かな??いくつかの系統を絞ることが出来そうです(*^^)v

             

             


            これもヤバいだろ〜

            0

               

              これが何だかわかったら・・・かなりのメダカオタッキー( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

              分かってもうれしくないよね〜(´ε`;)ウーン…

               

              白い発泡での飼育のせいか??チョッと色抜けしちゃってます・・・今日から黒容器に移動して色合いがどう出るのか??確認してみます(´・ω・)(・ω・`)ネー

              小さい声で・・・・昨日の「女雛系??」兄弟です(・∀・)ウン!!

               

              柿色にほど近い色が出ていますので・・・・これが維持できるのなら家にいるいくつかの系統をやめることが出来ますね(゚д゚)(。_。)ウン

              カッコ良くて確率のイイ方にシフトチェンジはある程度必要ですよね(=゚ω゚)ノ

               

               

               


              女雛系

              0

                 


                愛媛メダカ交流会さんの展示会は大盛況だったようですね〜(σ≧▽≦)σ

                伺えなかったのは残念ですが、先ほど展示個体の写真をみせてもらい、新幹線のなかで大興奮していましたO(≧∇≦)O

                女雛♂×黒ラメ黄幹之の交配からのF2

                この時点で純血の女雛ではありませんが、表現的には近い子も生まれてきています(・∀・)ウン!!

                柿色の頭と黒いボディーは、私好みの色合いです(´・ω・)(・ω・`)ネー

                あくまでも「女雛」ではなく「女雛系」・・・そこんとこ( `・∀・´)ノヨロシク


                今回の旅で、特に印象に残ったところが陸前高田の「奇跡の一本松」ですね。

                力強く…そう感じました。

                本当は、この一本松を家の子供たちにもみせたかったのですが…

                それともう1つはここね(  ̄▽ ̄)

                到着したら、ガスってて何も見えなかったんですけと。。(〃_ _)σ‖

                気温18度で強風吹くなか、震えながら待ったかいがありました( v^-゜)♪

                数分間でしたが幻想的な姿を現してくれました(*゜▽゜)_□

                「御釜」です。嫁は映画「君の名は」の聖地だと勝手に思い込んでいたようですが…違います(  ̄▽ ̄)

                 


                復活

                0

                   

                  愛媛メダカ交流会会長作出の女雛・・・我が家やってきてしばらくしたら・・・チョット体調崩しちゃいまして、♀が少しだけ痩せてきちったんですよ(;´д`)トホホ

                  慌ててミジンコ容器に入れて様子を観ていたところ・・・お見事復活です(*^_^*)

                   

                  今日、ミジンコ容器の中で卵をぶら下げていたのを確認しましたので通常の飼育容器に戻してみました(´ー`*)ウンウン

                  ♀の体外光が消えちゃいましたが・・・・まあ、何とかなるでしょ??

                   

                  作出者直系ということで、私的には安心して大量採卵できるんです(´ー`*)ウンウン

                  さあ、機は熟しました・・・思いっきり採卵しちゃいますよ( `ー´)ノ


                  女雛遺伝子おそるべし・・・

                  0

                     

                     

                    冬季繁殖で「女雛♂×黒ラメ黄色幹之♀」で子を採って、一番よさげなこの子を使って採卵した結果(´ー`*)ウンウン

                    何故かわかりませんが、F2から白い子が1割弱生まれてきたんです(*´ω`)

                    はじめは何故だろうと思いつつも、漏れになるだけだと・・・何の気にも留めていませんでしたが、成長と共にイイ感じになってくれています(●´ω`●)

                     

                    色んな黄色い色素持ちを今まで観てきましたけど・・・この子達はチョッとヤバいかもよ〜( `ー´)ノ

                    この子達ね・・・今年の冬季繁殖の遊び相手になってもらおうかと思うくらい気になる存在になってくれちゃってるんですよ(´・ω・)(・ω・`)ネー


                    女雛の柿色にはやはり追い付いていませんが・・・白地がかなりいい色味になってます(*^^)v

                    女雛からの血を受け継いだ??次世代が楽しみな面白い個体だと思います(・∀・)ニヤニヤ

                     

                     


                    イイ顔してるね〜

                    0

                       

                       

                      冬季繁殖で仕込んでいた・・・女雛×黒ラメ黄色幹之のF1

                      この子の色合いは、譲り受けた親と同等かそれ以上??

                       

                      柿色が相当濃くなっています(・∀・)ウン!!

                      とりあえずこの♂を使ってF2を育てているんですけど・・・・何気にこれが面白そう??

                       

                      白い子が数匹出ているんですが・・・その子がヤバくなりそうな(´・∀・`)ヘー

                       

                      それもそうだけど、この子の顔もヤバいよね(・∀・)ニヤニヤ


                      | 1/8PAGES | >>