calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

女雛の美しさ

0

     

    昨日紹介した、女雛系紅白とは兄弟になります(´ー`*)ウンウン

    若いときは、柿色も頭の部分だけでしたが、成長とともに体幹の黒い部分にも色素が広がってきた感じです( 一一)

     

    もうチョッと柿色と黒とのメリハリが欲しいところなんですけど・・・・次世代での課題でしょうか??

    オーロラ家エイトの中でも、女雛の色合いの美しさは秀でるものがありますね〜・・・・私的好みですけど(*´ε`*)チュッチュ

    自分で撮った写真ながら、ジックリうっとり眺めてます(・∀・)ニヤニヤ

     

    来年もたくさん繁殖しちゃいますよ〜( `ー´)ノ


    色合いの変化を観察

    0

       

      我が家で昨年の冬季繁殖で「♂女雛×♀黒ラメ黄色」からの子です(^▽^)/

      LM寸頃の姿は、こんな感じでしたけど・・・・

       

      フルサイズになって、こんな風になりました(´・ω・)(・ω・`)ネー

      フルサイズになると、また若いころの姿とは違い迫力が増しますよね(゚д゚)(。_。)ウン

       

      私は、どちらかというと全般的にM寸くらいのメダカ姿が好きなんですけど・・・こうして、成長過程を写真で残してみると(・∀・)ニヤニヤ

      やはりフルサイズが魅力的(*´ε`*)チュッチュ

      既にこの子達からの子も少し採れています(*^^)v

       

      まだ小さいので大きくなったら紹介しようと思います(=゚ω゚)ノ

       

       


      こんなペアはいかがじゃろ??

      0

         

        柿色メダカの「女雛」が気になっている人がたくさんいるようです(´・ω・)(・ω・`)ネー

        皆で同じ方向に行ってもつまらないので??

         

        あえてこんなペアで遊んでみてはいかがじゃろ( 一一)

        一応、兄弟魚の「女雛系」ですので、そんな大きく割れないと思うんだけど???

         

        答えは誰も知らないので??・・・遊んでみますか(。´・ω・)ん?


        最重要課題

        0

           

          純血の「女雛」です(*´ε`*)チュッチュ

          体外光・・・・残念ながら出ませんでした(-"-;A ...アセアセ

           

          それでも柿色の頭と黒いボディがカッコイイですね〜( `ー´)ノ

          オーロラにこの柿色を載せるのがどれだけ至難の業なのか??私もこんな色合いを目指して取り組んでいましたが・・・・・全く思いどおりに行きませんでしたからね〜(゚д゚)(。_。)ウン

          頭に載せる柿色も好きですけど・・・こんな感じに斑に入る柿色も素敵です(・∀・)ウン!!

           

          下の写真は我が家で累代していた「オーロラ幹之」と「女雛」の比較です(*^^)v

          色味の差は一目瞭然ですけど・・・・色味は好みでいいと思います(・∀・)ニヤニヤ

           

          我が家では来年、黄色い方はやめるつもりです(´・ω・)(・ω・`)ネー

          来年以降、出来れば体外光が載せられればいかな〜って思っていますけど・・・・まあ、その辺は焦らず・・・・いや、最重要課題とさせていただきます(´・ω・)(・ω・`)ネー

           

           

           


          好みの問題ですけど・・・・

          1

           

          女雛系統の紅白側にも、昨日の黒側と同様にラメあり個体が生まれてきています(^_^)v

          来年は、このペアで採卵するつもり(^_^)v

           

          これが量産で来ちゃえば・・・絞れる品種も出てきそう??紅白のラメ??

          (・∀・)ウン!!なかなか良いかもです

           

          でも、何でもラメ入れればいいってわけでもなくてネ

          好みの問題かもしれませんが・・・

           

          ラメなしで見ると紅白のメリハリがはっきりしていて綺麗かも(´ー`*)ウンウン

          ラメ側は誰かに任せて・・・紅白は、ラメなしに集中してみようかと(・∀・)ニヤニヤ

           

          じゃないと、いつまでたっても絞れません(ー_ー)!!

           

           

           

           

           


          ラメが似合う

          1

           

          柿色頭とブラックボディがカッチョイイ我が家の「女雛系」・・・・かなり純血の表現に近いと思います(゚д゚)(。_。)ウン

          このままでも十分に見応えありますけど・・・

           

          黒ラメと掛け合わせてラメが入るとさらにカッチョよし(*^^)v

          あまり数を採っていないのですが、こんな感じのペアが3ペア組めています( `ー´)ノ

           

          一番よさげなペアで冬季繁殖してみようかと思っています・・・・2番目とこの3番目のペアは、冬季繁殖失敗した時の来年の保険??に残しておきます(´・ω・)(・ω・`)ネー

          来年のオーロラ系統は、「女雛」1本でいこうかと思っています(´・∀・`)ヘー

           

          このペアは、実はラメはイマイチなんですけど・・・黒味が強くて気に入っています。

          白い容器に移しても一番色味の強いペアなんですよ(・∀・)ニヤニヤ

           

           


          白と黒??

          1

           

          白地のボディに朱の頭・・・片や黒地のボディに柿色の頭

          どちらも正真正銘の女雛系(*´ε`*)チュッチュ

           

          こちらは純血じゃないけど、かなり純血の女雛に近い表現が出てますね〜(゚д゚)(。_。)ウン

          女雛を初めて見た時は・・・・・正直やられた〜って本気で思いました。まさにオーロラの理想像??

           

          今朝のblogで紹介した白地が鮮やかなこの子も上の子と兄弟です(*^^)v

          これはこれで維持していくつもりでいますけど・・・・(*´ω`)

           

          白と黒??好みはどちらかと聞かれると・・・・両方です(・∀・)ニヤニヤ」

          両方ともにラメを載せる方向で維持していくつもりだけど・・・・今日、とある匠な方と電話でお話していて、やはり品種は絞ったほうが良いとアドバイスされていて、私自身それは重々承知していて、来年はかなりの品種をやめる予定です。だけど、綺麗なメダカを観るとやはり増やしたくなる??

           

          止められない止まらない・・・カッパエビセン??状態な私です(=゚ω゚)ノ


          あ〜良かった

          1

           

          ここのところの寒暖差でちうの間にやら若干痩せの症状が出ちゃいまして・・・・ミジンコ容器にまとめて放り込んでおいた「紅白ラメ」??

          いや、紅白と言われればそうなのかもしれませんが、静楽庵さんのとは作出過程が違うんです(・∀・)ウン!!

           

          そう、「♂女雛×♀黒ラメ黄幹之」のF2個体たちなんですね〜(・∀・)ニヤニヤ

          痩せを発見した時には、冷や汗出ましたけど・・・ヤッパリ、ミジンコ容器は頼りになりますね〜(´∀`*)ウフフ

           

          卵付けるまでに復活してくれたので安心して、先ほど黒い発泡に移しました( `ー´)ノ

           

           


          これも女雛系?

          0

             

            以前少しだけ紹介しましたが、この子達も女雛♂×黒ラメ黄幹之から生まれてきた子です(´ー`*)ウンウン

            まさか黒主体のメダカからこんなに鮮やかな白い子が生まれてくるとは思ってもいませんでした(´・ω・)(・ω・`)ネー

             

            白地が濃いのもそうなんですけど、この子の朱の強さもなかなかイイ感じ(・∀・)ニヤニヤ

            ラメも少々入っていて、一見「紅白ラメ」に見えないこともない(゚д゚)(。_。)ウン

             

            ラメ入り個体との比較

             

            この子達には、来年じっくり遊んでもらおうと思っています・・・・って、冬場に遊んでもらうかもしれませんが(・∀・)ニヤニヤ

            いろんなメダカを飼育しているとポツリポツリ面白い個体が出現してくれます。普段は、こうしたぽっとでの子には、それほど興味がわきませんでしたが、この子達に関しては、次に繋げてみたいと・・・・チョイと興味がそそられてしまっています(^▽^)/


            女雛系

            0

               

              女雛系ではありますけど・・・残念ながら女雛とは言えない(;´д`)トホホではあります

              メダカとしては、カッコいいので個人で楽しむ分にはいいですけど・・・・こんな感じのを売るときには、販売者はしっかりとした説明が必要かな??て思います(゚д゚)(。_。)ウン

               

              作出者から直接入手ならまったくもって問題ないと思いますけど、他の人から買う時はそれなりのリスクもあります(´・ω・)(・ω・`)ネー

              例えば女雛のようで、女雛じゃない??この子達を購入して次世代に生まれてくる子がどんな子か??正直、私はわかりません・・・・期待をこめてこんな風になってほしいってのはありますけど(* ̄- ̄)ふ〜ん

               

              睡蓮鉢の中に、カッコいい自分好みのメダカを泳がせたいっていうだけならいいと思いますけど・・・しっかりとこれから系統維持していきたいと思っているなら、よ〜く考えて購入したほうがいいかもよ(・ω・)ノ

               

              先日チョッと友達に教えてもらってヤフオク覗いてみたら・・・(´ε`;)ウーン…って思える出品物がたくさんありました(=゚ω゚)ノ


              | 1/9PAGES | >>