calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

2017 ベストショット

0

     

    2017年の「ヨタロ〜ピッカピカのメダカ生活」での、ヨタロ〜的な「ベストショット」を集めてみました(・∀・)ニヤニヤ

     

    アルビノ全身体内光

     

    かぐや姫

     

    三色非透明鱗ヒレ長

     

    青ラメ幹之ヒカリ体型

     

    幹之ヒカリ体型

     

    銀帯

     

    銀帯

     

    銀河幹之

     

    三色ラメ幹之

     

    あけぼのラメ

     

    赤兎錦

     

    アルビノ灯

     

    乙姫

     

    金色夜叉

     

    幹之ヒカリ体型ダルマ

     

    阿波透明鱗紅白

     

    女雛系ラメ

     

    華蓮

     

    行田淡水魚系紅白

     

    あけぼの

     

    あけぼの

     

    赤兎錦ヒカリ体型

     

    アルビノ幹之

     

    雲州三色

     

    赤兎錦

     

    あけぼの

     

    どれも素人の私が、自己流で撮影したメダカたちです・・・・ほんの数枚で撮影オッケーになったのもあれば、何十枚も撮影してようやくなんてこともありました( `ー´)ノ

     

    今後は、お気に入りの「極ブラック」などの黒いメダカをどのように撮影するのか??楊貴妃などの赤いメダカをどうすれば見たままの色合いで画像に残せるのか??そこのところをしっかりと勉強してみたいと思います(´ー`*)ウンウン

     

     


    三色に体外光

    0

       

      この子たちが誰の子か??即答できればかなりこのブログをジックリ見て頂いてる方だと思います(´ー`*)ウンウン

      3色の柄の体色にしっかりと体外光が載っていきそうな系統です(´・ω・)(・ω・`)ネー

       

      黄色味に強い子には、体外光は薄っすらですが・・・・黄色味の弱い2匹にはシッカリとスーパーヒカリレベルのヒカリが載ってきています(・∀・)ニヤニヤ

      この子たちを来年繁殖に使わないってことはないでしょ??

       

      私的には来年の注目すべきメダカの一つですから(・∀・)ウン!!

      気合が入ります(^^)v

      三色ボディーにキラッキラの体外光を・・・・一つ大きな目標に向かって来年は早々に動き出そうと思っています( `ー´)ノ

       

       


      独特の色合い

      0

         

        独特な色合いがお気に入りの「紅薊」です(*´ε`*)チュッチュ

        去年、「岡崎葵めだかさん」からお譲りいただいたオレンジ鉄仮面の血を引く系統です(´・ω・)(・ω・`)ネー

         

        オレンジの強さは実物で観たほうが強いと思います(゚д゚)(。_。)ウン

        この手のメダカは、好みの分かれるところ??いや、メダカを知っている人には、かなり受けると思います(´ー`)

         

        この「紅薊」、メダカっぽくないメダカですよね・・・

        もはや、「オレンジ鉄仮面」にならなくてもこの見てくれで大満足しています(*'ω'*)


        来年のメダカ業界の方向性は??

        0

           

          来年はどんなメダカが世間を賑わすのか??

           

          チョッとだけ気になり始めた今日この頃・・・私が思うに、非透明鱗人気はこのまま継続していくのは間違いなくて、そこに体外光なんか載ってきたら、面白くなるような気がしてます(´ー`*)ウンウン

          白斑の体外光は、ここのところ結構出回ってきましたね(´・ω・)(・ω・`)ネー 行きつけの「メダカワールド」や「クローバー」でも拝見出来ましたし、私んとこの飼育場でも、チラホラそんな表現の子が出てきてます(・∀・)ウン!!

           

          この「金色夜叉」もそんなところを目指している系統と思います。黄色の延長線上の金色の色素を纏って、更に体外光を載せていく・・・・近い将来、群泳も実現しそうです(´・ω・)(・ω・`)ネー

          チョッとに詰めて累代していきたい系統ですので・・・今の冬季加温の子が、ひと段落したら、フライングして加温採卵していくつもりです(・∀・)ニヤニヤ

           

          一世代でも多く累代を進めたいと思っています(^_^)v

          とはいえ、一言に非透明鱗に体外光を載せるなんて簡単に言いますけど・・・・実際にやってみるとかなりの困難を乗り越えないとダメらしい(´・∀・`)ヘー

           

          でもね、今までのメダカ業界の歴史をみると・・・・これ以上は無理でしょ?って思われていたことが翌年には普通になっているなんてことが結構あるので、私的素人目には、かなりの期待をしているところです(*´ε`*)チュッチュ」

           


          新たに続く「オロチプロジェクト」をチラッと

          0

             

             

            オロチプロジェクトは、まだまだ続いているようです。先日紹介の「オロチラメ」に関しては、来春のリリースに向けてシッカリと育成されていました(´ー`*)ウンウン

             

            じゃ〜、ラメ以外は終わっているのか??

            いやいや、そんなことなくてね〜・・・・私が伺ったときには、3系統のF1が泳いでいましたよ(・∀・)ニヤニヤ

             

            左上のラベルに答えが書いてあって、それも一緒に撮影しちゃったのでそれを消すために拡大しときました(´∀`*)ウフフ

            どれが先に進めそうですか??ってお聞きしたら・・・F1でわかるわけないとスパッと返されましたよ(ー_ー)!!

             

            確かに・・・・(-_-;)
             

            私が思っていた、新しいメダカの作り方は・・・・この中からいい子を選んで??って感じかと思っていましたが、なんとこのままの数で採卵するそうです。とにかくある程度の数を採らないと本当の答えがわからないんだとか( ..)φメモメモ

             

            次世代は、そのとんでもない数の中から、それらしい子を選別していく・・・・しっかりとした選別眼がなければ到底出来る仕事じゃありませんね(((uдu*)ゥンゥン

             


            オロチラメ

            0

               

              先日、ご紹介させていただいた「オロチラメ」をいつもの黒い容器に入れて撮影してみました(・∀・)ウン!!

              先日の記事「オロチプロジェクト」では、慣れない白容器での撮影となれない室内撮影のため、本来の黒さをお伝え出来なかったのがとても気がかりでした(-"-;A ...アセアセ

               

              私の撮影方法は、フラッシュとかは使わない素人丸出しの方法ですけど・・・・出来る限り見た目に近い画像を残せるように頑張って撮影しています(* ̄- ̄)ふ〜ん

              ただね、黒いメダカと赤いメダカはやはり何度撮影しても苦手意識はぬぐい切れません(;´д`)トホホ

               

              それでも何とか納得できる写真が数枚・・・日差しがある中とはいえ、30分以上何十回もシャッター切ってます:;(∩´﹏`∩);:

              オロチラメの黒さは、元祖と比べても遜色なし。ラメもしっかり背中までいっているのが分かりますかね?ラメの色は太陽光の当たり具合によって、青にみえたり・銀にみえたり・・・上見でもしっかりと綺麗です(*´ε`*)チュッチュ

               

              送って頂き、よくよく観察していますけど・・・匠の方々の飼育するメダカってどうしてこんなに体型よく健康的なんだろう??相当な飼育技術があるに違いありません(゚д゚)(。_。)ウン

               

              中里氏の飼育場・飼育方法が気になってしかたがない今日この頃です(´・ω・)(・ω・`)ネー


              白いヤツ

              0

                 

                栗原さん、曰く・・・「白いヤツ」(*´ε`*)チュッチュ

                養魚場に伺ったおり、栗原さんが「乙姫」から出たという子を残して維持されている子の中で、♀を譲り受けて我が家で繁殖した結果、思いどおり?に数匹ではありますが、生まれてきてくれました(*^^)v

                今のところ白地が目立ちますが、これから徐々に黒味が入って母親譲りのカッコいい表現になってくれると思います(・∀・)ウン!!

                 

                乙姫もそうですがこの系統は、成長と共にカッチョよく成長してくるメダカと思います(´・ω・)(・ω・`)ネー

                好みとは別にして・・・・とても興味をそそられる、そんなメダカなんですよね〜(´・∀・`)ヘー

                 

                今後の進化に期待しちゃう??今まで見ない、面白いメダカなんですよね(´・ω・)(・ω・`)ネー


                誰が見てもカッコイイ

                0

                   

                  栗原さん作出の「乙姫」を撮影してみました(*´ε`*)チュッチュ

                  誰が見てもカッコイイと思えるメダカだと思います(・∀・)ニヤニヤ

                   

                  今のところはほとんどの子が、ピンとしていますけど・・・ヒカリ体型につき、冬越ししてからの背曲がりがチョッと不安ではあります(=゚ω゚)ノ

                  多くのメダカ愛好家の皆さんが、一度は欲しい?飼育してみたいメダカと言ってはいるんですけど・・・・流通量が多くないのか、なかなかメダカ屋さんでみることがないようです(´;ω;`)ウッ…

                   

                  本家の「栗原養魚場」さんは、現在・冬季休業中のようですので・・・・春まで我慢してください(´・ω・)(・ω・`)ネー

                   


                  よ〜くみると

                  0

                     

                    最近やけに水面に浮かんでいる昆虫・・・・

                    カメムシは、何とか水面を危なげではありますが、歩いているようです(* ̄- ̄)ふ〜ん

                     

                    蜂は・・・・既に☆となっておりました( ノД`)シクシク…

                    そんな蜂をみていたら・・・ふと「華蓮」を撮影しようと思いつきました(*´ω`*)

                    実は、金太郎飴のように同じ子が生まれてくる「華蓮」にもこのサイズから既にグレード分けが出来そうです・・・・ちなみに上の子たちは、並グレードです( 一一)

                     

                    下の子は、私的にグレード高め(・∀・)ウン!!

                    どこが違うか??写真だと分かりづらいですよ(´・ω・)(・ω・`)ネー

                     

                    よ〜くみると・・・ピーシーズの森さん的に色濃く入る「ブラックリム」と尾筒のところの色味(黒)が全く違うんですよ(´ー`*)ウンウン

                     

                    150以上の子を採卵して見比べた結果のとりあえずヨタロ〜的感想です(゚д゚)(。_。)ウン


                    漏れの容器をじっくり覗き込んでみた

                    0

                       

                      白斑のヒレ長が大量に泳ぐ容器の中を覗き込んでいたら、キラっと背中が光る子が??

                      掬い上げてみたところ・・・いつの間にか体外光が伸びていますね〜なかなか良いんじゃない??(^▽^)/

                       

                      体外光の入らない子は、イマイチパッとしない気がしますけど・・・体外光が入るとゴージャスになりますね〜(´・ω・)(・ω・`)ネー

                      この子達、あけぼのラメと白幹之の松井ヒレ長とのF2でして・・・黄色の色素が入らないので選別漏れ容器に入っていました(´・∀・`)ヘー

                      少し大きくなって、改めてじっくり覗き込んでみると、色んな発見があります(´・ω・)(・ω・`)ネー

                      過密気味での飼育なので、少し気味なので・・・・別に移して・ミジンコ与えて、万全の態勢で冬を迎えさせてあげたいと思います(´ー`*)ウンウン

                       


                      | 1/23PAGES | >>