calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

白いヤツ

0

     

    栗原さん、曰く・・・「白いヤツ」(*´ε`*)チュッチュ

    養魚場に伺ったおり、栗原さんが「乙姫」から出たという子を残して維持されている子の中で、♀を譲り受けて我が家で繁殖した結果、思いどおり?に数匹ではありますが、生まれてきてくれました(*^^)v

    今のところ白地が目立ちますが、これから徐々に黒味が入って母親譲りのカッコいい表現になってくれると思います(・∀・)ウン!!

     

    乙姫もそうですがこの系統は、成長と共にカッチョよく成長してくるメダカと思います(´・ω・)(・ω・`)ネー

    好みとは別にして・・・・とても興味をそそられる、そんなメダカなんですよね〜(´・∀・`)ヘー

     

    今後の進化に期待しちゃう??今まで見ない、面白いメダカなんですよね(´・ω・)(・ω・`)ネー


    誰が見てもカッコイイ

    0

       

      栗原さん作出の「乙姫」を撮影してみました(*´ε`*)チュッチュ

      誰が見てもカッコイイと思えるメダカだと思います(・∀・)ニヤニヤ

       

      今のところはほとんどの子が、ピンとしていますけど・・・ヒカリ体型につき、冬越ししてからの背曲がりがチョッと不安ではあります(=゚ω゚)ノ

      多くのメダカ愛好家の皆さんが、一度は欲しい?飼育してみたいメダカと言ってはいるんですけど・・・・流通量が多くないのか、なかなかメダカ屋さんでみることがないようです(´;ω;`)ウッ…

       

      本家の「栗原養魚場」さんは、現在・冬季休業中のようですので・・・・春まで我慢してください(´・ω・)(・ω・`)ネー

       


      よ〜くみると

      0

         

        最近やけに水面に浮かんでいる昆虫・・・・

        カメムシは、何とか水面を危なげではありますが、歩いているようです(* ̄- ̄)ふ〜ん

         

        蜂は・・・・既に☆となっておりました( ノД`)シクシク…

        そんな蜂をみていたら・・・ふと「華蓮」を撮影しようと思いつきました(*´ω`*)

        実は、金太郎飴のように同じ子が生まれてくる「華蓮」にもこのサイズから既にグレード分けが出来そうです・・・・ちなみに上の子たちは、並グレードです( 一一)

         

        下の子は、私的にグレード高め(・∀・)ウン!!

        どこが違うか??写真だと分かりづらいですよ(´・ω・)(・ω・`)ネー

         

        よ〜くみると・・・ピーシーズの森さん的に色濃く入る「ブラックリム」と尾筒のところの色味(黒)が全く違うんですよ(´ー`*)ウンウン

         

        150以上の子を採卵して見比べた結果のとりあえずヨタロ〜的感想です(゚д゚)(。_。)ウン


        漏れの容器をじっくり覗き込んでみた

        0

           

          白斑のヒレ長が大量に泳ぐ容器の中を覗き込んでいたら、キラっと背中が光る子が??

          掬い上げてみたところ・・・いつの間にか体外光が伸びていますね〜なかなか良いんじゃない??(^▽^)/

           

          体外光の入らない子は、イマイチパッとしない気がしますけど・・・体外光が入るとゴージャスになりますね〜(´・ω・)(・ω・`)ネー

          この子達、あけぼのラメと白幹之の松井ヒレ長とのF2でして・・・黄色の色素が入らないので選別漏れ容器に入っていました(´・∀・`)ヘー

          少し大きくなって、改めてじっくり覗き込んでみると、色んな発見があります(´・ω・)(・ω・`)ネー

          過密気味での飼育なので、少し気味なので・・・・別に移して・ミジンコ与えて、万全の態勢で冬を迎えさせてあげたいと思います(´ー`*)ウンウン

           


          発射〜

          0

             

             

            シーズン中とは違い、水換えの頻度もそこそこ・・・・メダカの観察や撮影が楽しくてたまりません。ようやくじっくりとメダカを観て楽しめる季節がやってきた??そう思えば、シーズンオフになる寂しさも紛れます(´ー`*)ウンウン

            お約束していた「例の物」を本日発射しました。岐阜のメダ友さん明日のお受け取りお願いします(*^^)v


            メダカ百華 vol.4

            0

               

               

              遅ればせながら・・・我が家にもようやく「メダカ百華 vol4」が届きました(*´ω`*)

              本当は、21日に届いていたはずですが・・・私の手違いで、お隣さんのポストに入っていたようです(-"-;A ...アセアセ


              今回は、2017年の注目メダカ「非透明鱗」の記事が多いですね〜(*´ω`*)

              小寺さんの飼育場や「あけぼの」の記事には、特に注目してください。ここまでしっかりと説明されている記事は、他にないと思います(・∀・)ウン!!

              非透明鱗のカテゴリーで外せないのは、平和めだかさんの「平和錦」でしょうか??店主の和平さんも緊張の面持ちでカッコよく写っていましたよ〜(・∀・)ニヤニヤ

              笑顔引きつってる??「あけぼの」の表現とはまた一味違う非透明鱗「平和錦」の一級品も目が釘付けです(*´ε`*)チュッチュ


              もちろん「雲州三色」の一級品もたくさん掲載されていますので、非透明鱗に興味のある方は、是非とも(^▽^)/

              全国の有名ブリーダーさんもたくさん紹介されています(・∀・)ウン!!

              メダカ交流会の垂水会長

              今注目度no1のメダカを作出される注目のブリーダーです(´ー`*)ウンウン


              同じく、交流会の「梅本ブラック」の梅本さん(´・ω・)(・ω・`)ネー

              いいメダカ作る人の飼育環境は、本当にに参考になりますね(^▽^)/

               

              「北条めだか」こと三嶋さんも素敵な笑顔で紹介されてます(*^^)v

              美しい「燧紅」や「サンレッド」の写真が掲載されています(*´ε`*)チュッチュ


              私のところで飼育さて頂いている「アルビノ剣」の作出者「伊像めだか」こと森さんも紹介されてます(´ー`*)ウンウン

              匠の作る様々なメダカをとくとご覧ください(*^^)v


              何度目??我らが埼玉の巨匠「行田淡水魚」さんも・・・・

              残念ながら顔写真ないけどね(''◇'')ゞ

               

              そして、「お花とメダカのお店 クローバー」も夫婦仲良く掲載されています(^▽^)/

              約三時間かけて、熟読させていただきました・・・「メダカ百華 vol4」は、メダカをしっかりと理解されている方が書かれている本物のメダカ専門誌だと思います(o^―^o)ニコ

               


              実は、私めも・・・・ほんの少しだけ、紹介されてます(*ノωノ)

              剛腕ブリーダーの方々と同じ本に載るなんて・・・・本気で恐縮していますが、メダカの事をしっかりと熟知されているカメラマンの森さんに、我が家のメダカを綺麗に撮影して頂けて、光栄に思っています(*^^)v

               

              著者でありカメラマンでもある森さんは、撮影のみならず、メダカの品種や情報、更には遺伝のことにも豊富な知識を持たれる方です。そんなお方が書くメダカの説明は、本当に参考になります。私にとっては、参考書替わりってところです(゚д゚)(。_。)ウン・・・首を長〜〜くして待ったかいがありました(・∀・)ニヤニヤ

               

               

              以上、めだかを趣味にしている方々のバイブル的専門誌の新刊「メダカ百華vol.4」の紹介でした。著作権侵害??・・・いやいや、しっかりと森さんに許可を取らせていただいています( `ー´)ノ

               

               

               

               


              ウジャウジャ

              0

                 

                とっても多産な「華蓮」はたくさんの子を残してくれました(*´ω`*)

                いまだ、Ms寸の子たちですが、既に親と似たような表現している子もいたりします(゚д゚)(。_。)ウン

                 

                小寺さんから送っていただいた元親は、L寸になったとたんモンスターに変貌しました(・∀・)ニヤニヤ

                おそらくこの子達も、L寸になると多くの子が今以上の色合いになってくれると思います(*^^)v

                 

                来年は、「華蓮」の大群泳を観ることが出来そうです・・この中からの種親選びは、かなりの眼精疲労を引き起こしそうですね〜・・・とっても嬉しい悩みです(*´ε`*)チュッチュ

                 
                 


                金色夜叉の選別個体

                0

                   

                  いよいよ、来シーズンは「金色夜叉」が動き出す??

                  来年注目を集めるであろうメダカは、こんな感じのメダカなのかもしれません(゚д゚)(。_。)ウン

                   

                  屋外自然繁殖で、今年の曇り空続きの悪天候にもかかわらず・・・・黄色色素(実際には金色)の入る体色に体外光を持ち合われるメダカですΣ(゚Д゚;エーッ!

                  私のところでは、なかなか現実しなかった・・・小寺さん作出のメダカです(・∀・)イイネ!!

                   

                  真ん中のメスは、理想に近い??・・・・これはこれで楽しみです(・∀・)ニヤニヤ

                  匠の手に掛ると、メダカが別物??ってほどのメダカに変貌する??


                  今シーズン、かなり注目して育てた「金色夜叉」ですが、この♂1♀2の選別個体以外にもかなりイイ感じのペアが組めそうなので、来年の繁殖は、いろんなバリエーションで楽しみたいと思っています(*´ω`*)

                   

                  別の容器にも良さげな♀がいましてね〜(・∀・)ニヤニヤ

                  春先にもう一度、しっかり選別しなおします(*^^)v

                   

                   


                  いよいよ・・・・

                  0

                     

                    いよいよ、ピーシーズさんから「メダカ百華 Vol.4」が販売になるようです(^▽^)/

                    10/20に一斉発売(*^^)v・・・・表紙に使われているメダカの中に、我が家の「銀帯」さんが(*´ε`*)チュッチュ

                     

                    ピーシーズ・メダカ百華Vol.4 ←詳しくはここ
                     

                    なみに、私は「メダカ百華」しっかりとフルコンプしています(´∀`*)ウフフ

                    著者であり撮影者である森さんは、いろんな観賞魚の知識が豊富なお方で、グッピーやランチュウといったメダカ以外の分野にもかなり精通しているんです。綺麗な写真だけじゃなく、メダカ解説もかなりディープで参考になると思います(・∀・)ウン!!

                     

                    森さん渾身の一冊が出来上がったとお聞きしています・・・・楽しみですね〜(*'ω'*)


                    お宝箱

                    0

                       

                      一言で言って「好み」です(*´ε`*)チュッチュ

                      この子達が泳いでいる容器を眺めていると、いろんな妄想が頭をよぎります(゚д゚)(。_。)ウン

                       

                      あの子とこの子を組み合わせれば・・・あんな子が(´ε`;)ウーン…

                      でも、今日この子達を掬ってみて初めて気が付いたこと・・・・やはり、体外光持ちはすべて♀でした(''◇'')ゞ

                       

                      この系統は、2容器分ありますので、近いうちにもう一度♂探ししてみようと思います(・∀・)ニヤニヤ

                      この容器は、「あけぼのラメ」の容器なのでもちろんラメの子もいっぱいいるんですが、私的好みはこんな感じですかね〜(´・ω・)(・ω・`)ネー


                      | 1/22PAGES | >>